本文へ

逗子市で信頼できるプロの施術を受けるなら浜野整骨院へ

逗子 横須賀の整体といえば浜野整骨院

夏の冷え性

逗子、葉山のみなさん!こんにちは!浜野整骨院の羽鳥です。

夏は日差しが強く蒸し暑いのに、手足は冷たいなどの、夏の冷え症に悩んでいる方が多くいらっしゃいます。

冷えによって腰痛や肩こり、膝の痛みや坐骨神経痛などの症状が出てきやすくなります。

今回はそんな夏の冷え性について紹介したいと思います。

特に今年の夏は暑いので一日中冷房をつけっぱなしの方が多いですね。

熱中症予防の為にもつけておくのはいいのですが、問題なのは設定温度です。

中には寒く感じる位まで低い温度設定にされる方がいます。

低すぎる温度設定の冷房が効いた場所に長時間いることで、体は芯から冷えてしまいます。

通勤中の電車の中や勤務先のオフィス、コンビニやスーパーなど家以外にも至る所に冷えている場所はあります。

さらに、食べ物や飲み物にも冷える原因があります。暑いからと言って冷たいものをがぶがぶ飲んだり、アイスを食べたり、夜には冷えたビールを飲んだりと、一日中冷たい物を取る機会が増えます。特に暑い場所で取るのではなく、冷えた室内で冷たいものを取ることで、体の外側と内側から体は冷やされてしまいます。

そうなることで、夏の冷え性となってしまうのです。

夏の冷え性になると、体はどうなるのでしょうか?

体が冷えることで体は体温を保持しようとし、血管は収縮します。その為血液のめぐりが悪くなります。さらに、外の暑さと冷房の効いた室内との温度差が大きいと、体はうまく対応しきれず、自律神経が乱れ、血液のめぐりが悪くなります。

また、冷たい食べ物や飲み物を食べることで、内臓が一気に冷えてしまい、その冷えた内臓を温め直すのにエネルギーと時間が必要になってしまいます。

そうなると、体に溜まった疲労を取ることもできない体になってしまい、疲れは溜まる一方になり、体が強張り、肩こりや腰痛、坐骨神経痛などの症状に繋がります。

では夏の冷え性を予防するにはどうすればいいでしょうか?

簡単な対策を紹介しますね!

まずは夏でも暖かい物を取るようにしましょう。寝る前や寝起きに白湯を飲んだり、冷たい物を食べたら暖かい物を飲んだりすることで、体を内側から冷やすことを防ぎましょう。

そして、お風呂にしっかり入ることで体を外から温めましょう!夏の間は暑いからといって、シャワーで済ませがちです。

シャワーを浴びたあとに冷房の効いた部屋へ行くとかえって冷えてしまいます。

40度位のお湯に15分~20分ゆっくり入ることでしっかり温まりましょう!

お風呂だと水圧により血行もよくなりますよ!

やりがちなお風呂上がりの冷たい飲み物はNGです。

オフィスや電車など冷えたところに入る時はカーディガンなどを羽織るようにしましょう。

肘が冷えると肩こりや首周りのコリに繋がります。

体を内と外からしっかり温めて夏の冷え性を予防しましょうね!

それでは~!