本文へ

逗子市で信頼できるプロの施術を受けるなら浜野整骨院へ

逗子 横須賀の整体といえば浜野整骨院

自律神経って何でしょう?

逗子、葉山のみなさん!こんにちは!浜野整骨院の羽鳥です!

 

よく健康番組や雑誌で「自律神経の乱れが体の不調に繋がります」とか、「自律神経失調症で肩こりや不眠に悩んでいる」など見ることありますよね?

当たり前のように「自律神経」って言葉が使われていますが、そもそもどんな働きのある神経なのか、改めて聞かれると良くわからないという方がほとんどだと思います。

 

というわけで、今回は自律神経ってどういう神経なんだろうってようなことを書いてみたいと思います!

 

  • 神経の分類

まず神経というのは、脳を中心として、体中に張り巡らされて、全身をコントロールしています。その神経ネットワークは中枢神経と末梢神経に分けられます。

 

中枢神経は頭の中の脳と、脳から続き背骨の中を通る脊髄です。

末梢神経は、中枢神経以外の神経全部を指します。

末梢神経は脳と脊髄から体のさまざまな組織へと向かう神経群で、中枢神経からの指令を伝えたり、体内の情報を中枢に伝えたりしています。

 

末梢神経を機能で分類すると、体性神経と自律神経に分けられます。

体性神経は意識的な運動と感覚を感じる働きがあって、運動神経と感覚神経とがあります。

運動神経は中枢神経からの運動指令を、体の各部に伝えています。感覚神経は、体表や深部の感覚を中枢神経に伝えています。

 

自律神経は、無意識下での内臓の働きを司っています。機能が相反する交感神経と副交感神経の2種類があって、お互いが拮抗して機能しています。

  • 自律神経の働き

人は意識しなくても心臓は動いていて、食べ物を食べれば、消化吸収してくれます。

自律神経による体内コントロールによって、そのようなことが行われています。

自律神経の大きな特徴は内臓の筋肉などが、二重支配および拮抗支配を受けていることです。

 

二重支配は交感神経と副交感神経、両方の作用を受けることです。拮抗支配というのは交感神経と副交感神経のどちらかの作用が促進されると、もう一方の作用が抑制される関係のことです。

 

両者はバランスを取りながら働いています。

交感神経は主に日中に働いて心身の活動を活発にします。仕事をしている時など多少の緊張感が必要な場合に働きます。何かと戦っている時をイメージするとわかりやすいです。

 

相手をしっかり目で捉えるため瞳孔が開き、体に酸素を送るために気管が開き、咄嗟に反応出来るように体中の筋肉へ血液を十分に送るために心臓の拍動が早くなります。食べ物の消化や排泄も抑えられます。

 

副交感神経は主に夜に働き、日中に活動した心身を休息させます。食後の休みや就寝前などのリラックスした時間に働き、交感神経とは逆の作用に働きます。

自律神経は体内のホメオスタシス(恒常性)に関わっています。

ホメオスタシスとは、人を取り巻く環境が変わった時、体内の環境がそれに影響されて変化しないように均衡を保とうとする働きです。たとえば、雪の降るような寒いところでも、汗だくになるような暑いところでも、私たちの体温は常に一定ですよね。

 

体温の他にも、自律神経が関わるホメオスタシスの例として次のようなものがあります。

・水分調節

水分の摂取量と、排せつ量のバランスをとります。

・血圧調節

心拍数と心臓の収縮力の調整で血圧を調整します。

・血糖調節

血液中の血糖値を調整します。

 

 

こんな風に全身を活性化する交感神経と、活動を抑制する副交感神経は、異なる作用をもつ反面、緻密にバランスを取りながら機能しています。

 

今回は少し長くなりましたが、自律神経について書いてみました。

自律神経がどんなものかわかってくれましたかね?

自律神経についてはまだまだ書けそうですが、今回はこのくらいにしておきます!

 

それでは~!

 

友だち追加